エピローグ 2010-09-10-FRI Epilogue

Episode Ten: Epilogue contains a wonderful slide show of forty-five photographs of Johnny shooting on ice photographs for the upcoming JW Art Book!  The slide show could not be transferred over with the interview itself, so please go to the website to view the slide show!
 
 
Here is Episode Ten:
 

バンクーバーオリンピックで「明らかに別世界!」という唯一無二のスケーティングを披露し、にわかファンのハートをわしづかみにしたフィギュアスケーター、ジョニー・ウィアー。そのジョニーが、なんと、驚くことに、「ほぼ日」に登場です!会った瞬間から不思議と通じ合ったジョニーと糸井が交わした深くて、豊かなことばの数々。専門的なスケートの話はありませんが、誰の心にも染みこむ素敵な対談になりました。動画などもあちこちに添えつつ。
Johnny Weir is the figure skater who gave an absolutely extraordinary performance in the Vancouver 2010 Winter Olympics and grabbed the hearts of many, many “instant
日本語 English
日本語 English
index

2010-08-30-MON
2010-08-31-TUE
2010-09-01-WED
2010-09-02-THU
2010-09-03-FRI
2010-09-06-MON
2010-09-07-TUE
2010-09-08-WED
TODAY
エピローグ
2010-09-10-FRI
Epilogue

Epilogue
Epilogue
思いがけず、というと、
たいへん失礼かもしれないのですが、
これほど、濃密で、親密な、
やり取りになるとは、
事前に予想していませんでした。
"Unexpectedly" may not be the appropriate expression, but we didn’t anticipate their interaction to be so profound and intimate.
対談が終わり、
ありがとうの握手を交わしたあとも、
ふたりはしばらくその場に残って
おしゃべりを続けていました。
聞いている乗組員たちも
ずっとそれを聞いていました。
They kept on chatting even after they shook hands and ended the interview. All of us stayed there, listening.
なんというか、ちょっと、
名残惜しい感じがしたものですから。
We already knew that we were going to miss Johnny.
糸井重里からの個人的なプレゼントは
三谷龍二さんの木の器と匙、フォーク。
大喜びで包みを開け、机の上に
ディスプレイしたのは、ジョニー本人。
Shigesato Itoi had personally selected a gift for Johnny: A carved wooden tray, spoon, and fork. Johnny beamed with joy, and displayed them on the table for everyone to see.
乗組員を代表して、
ジョニーの大ファンである若田が
手渡したものは‥‥。
Wakata, a big fan of Johnny, hands him another present. This one is from the staff, and we decided to give him…
ジョニーが大好きだという、
「チェブラーシカ」グッズの詰め合わせ。
日本独自の商品ばかりを集めましたよ
What else but Johnny’s favorite character, Cheburashka? The gift is filled with "Japanese limited edition" Cheburashkas.
最後に、みんなで記念撮影。
すごいテンション!
Say cheese! Are we psyched or what?
糸井とも記念のツーショット。
そして、別れ際に、
ジョニーがこう言ったんです。
Another picture, this time just the two of them. Before saying goodbye, Johnny started saying…
「明後日、スケートリンクで撮影があるから
 遊びに来ない? いっしょに滑ろう」って。
"There’s going to be a photo shoot for my art book at the rink the day after tomorrow. Would you like to come? We can skate together."
糸井が「滑ったことないよ」って言うと、
「教えてあげるよ」って。
Itoi tells him he’s never skated before, but Johnny says he’ll teach.
もちろん社交辞令的なことだと
思ったんですけどね‥‥。
We thought he was just being courteous…

自分の写真集の合間に、
糸井だけでなく、私たちさえ、
気遣ってくれるジョニー。
見学しているジュニアのスケーターに話しかけ、
ひとりひとり撮影とサインに応じるジョニー。
ほんとうに、最後まで、
ジョニーに魅了されっぱなしの我々でした。
Johnny was a graceful host. In between photo shoots, Johnny made sure Itoi and his staff were comfortable. He went to speak with the junior skaters, took pictures with them, and signed autographs. He was just fascinating.
そして、当たり前ですけど、
スケートリンクでのジョニーはまた
格別の輝きがあります。
スライドショーで、たっぷりどうぞ。
Johnny was just exceptional on ice. Enjoy the slide show.

そして、最後に、
糸井は持ってきたジャムをジョニーに手渡し、
ほんとうにお別れのときがきました。
たのしかった。
And so it was time to say goodbye. Itoi handed Johnny the jar of homemade jam he promised to bring. We had so much fun.
ジョニー・ウィアーと過ごした
スペシャルな時間は、
ほんとうに、夢のようでしたけど、
やはり、夢ではない。
あの時間がいまに続いてるということが
なんだか妙に私たちを勇気づけます。
Being with Johnny felt like a dream, but it was real. The time we spent together leads to today: it is surprisingly encouraging just to think about it.
おとぎ話の主人公のような
ジョニー・ウィアー。
けれども、彼がいる場所と
私たちのいる場所は、
ちゃんと、いまも、つづいているんです。
Johnny seems almost to have come right out of a fairy tale, but we know that his world and our world are connected. Always.
それって、素敵なことだと思いませんか。
Isn’t that just divine?
おしまいまでお読みいただき、
どうもありがとうございました。
ジョニー・ウィアーからのメッセージを最後に。
So this is the end of our story. Thank you for reading. We would like to close with a message from Johnny.
2010-09-10-FRI
next
back
back
ジョニー・ウィアーと糸井重里の対談が実現したのは、
10月末に発売される予定のアートブック『Johnny Weir』を企画する
Team JW Art Projectのみなさんが間に入ってくださったからでした。
この対談からのことばも掲載される予定のアートブック、
『Johnny Weir』をどうぞおたのしみに!
本に関しての詳細は、以下のページに随時掲載される予定です。

We owe it to the Team JW Art Project for connecting us with Johnny Weir,and making the interview with Shigesato Itoi happen. The team is excited to publish the art book “Johnny Weir”,which will include some quotes from this interview. See the website below for details.
『Johnny Weir』

制作・出版:Team JW Art Project
発売開始時期:10月末(予定)
販売価格:未定

本についての情報は
こちら
からどうぞ。

“Johnny Weir”

Produced and published by Team JW Art Project
Scheduled to be on sale from end of October,2010
Price TBD

For more information on the book,go to http://JWArtProject.com/

 

ツイートする
メールを送る

ほぼ日ホームへ
(C)HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN

 
 
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: